福祉車両選びのポイント

回転シート車

助手席を回転させて乗り降りがらくにできる福祉車両

足の不自由な人を助手席に乗せる時に、簡単な操作で助手席を回転させ、乗り降りができるタイプの福祉車両です。車いすは移乗した後にトランクなどに収容するか、あるいは専用の収容スペースを設けている福祉車両もあります。
シートの高さが他のシートと変わらないため、移乗の際には必要に応じて介助者が身体を持ち上げるなどの手助けがいります。

  • 障害が比較的軽い人向け
  • 車高の高い福祉車両には不向き

リフトアップシート車

電動でシートが昇降 車いすからの移乗が容易な福祉車両

助手席や後席シートが車輌の外側にまで回転し、シートを低い位置まで下げることができます。車いすからの移乗の負担を軽減でき、特に乗車位置の高い福祉車両には有効です。
トヨタには、昇降シートがそのまま車いすになる着脱式サイドリフトアップシートの福祉車両があります。この場合、乗換えの手間はいりませんが、車いすは各車専用となります。

  • シートが回転するので乗りやすくお年寄りには最適
  • 色々タイプが有るのでご家族の多い方にも最適
  • 4WD車も有るので雪道でも安心

リア及びサイドリフト

車いすのまま乗り降り 介助者の負担も少ない福祉車両

車いすに乗ったまま福祉車両の乗り降りができるもので、多くはリフトやスロープを採用しています。スロープ式では折り畳み式のスロープを引き出し、 車いすと人をそのまま乗せて固定します。リフト式は電動リフトで車いすごと移乗させます。車いすのまま乗り降りができるので、シートへの乗換えなどの手間がいりません。 ただし車いすのままでの乗り心地は、通常の福祉車両シートとは異なる点に要注意です。一般に長時間のドライブには不向きと考えられます。

  • 車イスに乗ったまま乗降できるので女性の方でもラクラク介護
  • 電動で上下するので力いらず!!
  • 4WDタイプも多いので雪道でも安心!!
  • 車イスを同時に多く乗せることができるタイプも有るので施設の方にも最適

スロープタイプ

車椅子の高さが気になる方にもオススメの福祉車両!
  • 車椅子に乗ったまま乗降できるので、女性の方でもラクラク介護
  • ウィンチがついているタイプも有るので体重が気になる方もOK!!
  • 軽自動車が多いので狭いところもラクラク
  • 構造が複雑でないのでこわれにくい
  • 車イスの高さが気になる方にもおすすめ!(間口が広い)

自操車

障害者自身が運転するクルマ

身体の不自由な人が、自ら運転したいという要望に基づいて、各種運転補助装置を取り付けたものです。障害に応じてユーザーそれぞれに合った仕様を施す場合もあります。

手動運転補助装置

下肢が不自由な人のために、上肢だけで運転するための補助装置です。例えば右手でステアリング、左手でアクセルとブレーキ操作が行えます。

足動運転補助装置

上肢が不自由な人のために、下肢だけで運転するための補助装置で国内ではホンダのみのシステムです。ドアの開閉からステアリング、シフト、サイドブレーキ等、すべての操作を足で行えます。

  • オートマチック車にはいろいろな車種に取り付け可能
  • 運転席にサイドサポート付もあるので乗り降りがラクラク
  • 症状に応じたオプション設定が可能

※高さ130cm以上の車イスの方は限られた車種(ノア・セレナ・ワゴンR・キャラバン・ハイエースバンetc.)しかございませんのでご相談下さい。

このページの先頭へ